最新記事



プロフィール

まりんブリッジ

Author:まりんブリッジ
FC2ブログへようこそ!



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



若いままでいたい!!   実践!アンチエイジング
生きるもの全ての敵である老化!なんとか食い止めたい、そして若いままでいたい。そんなみんなの望みであるアンチエイジングを様々な方向から解説していきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉からのアンチエイジング
アンチエイジングを言葉からも実行する事ができるって知っていました?
私達は、毎日知らず知らずのうちに使っている言葉や、心で思っていることが自身を形成しているのです。

そこで、言葉の癖に焦点を置いて考えていきましょう。
「私はもう年だ・・・」とか、「最近の若者は・・・」といったこういう言葉を使うことはよくありません。
自分が年を取っているんだって言い聞かせているようなものです。その内面意識が外見的にも年を取らせてしまいます。
自分が今なりたい年齢というのは何歳なのか?
もし25歳になりたいのなら、心の中で「私は25歳!」と心に念じイメージしてみましょう。
このこと一つとってもすごい変化が期待できます、自分で自分を洗脳してしまう訳ですから。
こう思うことによって外見も言葉遣いも自然とその年齢に近づいていくのです。言葉や心の力というのはものすごく大きいものです。

「病も気から」という言葉もあるように、心がけ一つで病気にもなります。
リハビリをしている人にお医者さんは「散歩するときは、ジャージではなくちょっとでいいからおしゃれしてください」と言ったという話を聞きました。
おしゃれをすると気持ちも明るくなってきますよね!ですから「若さも気から」と思って言葉一つ注意して使うようにしていきましょう。そのすべてはアンチエイジングです。

2008092633652_5.jpg

スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

姿勢を正しくしてアンチエイジング
姿勢がいい人をみると、年齢を重ねている人でも若々しく素敵な印象を受けますよね。
ダンスやバレエなどをやっている人は姿勢もいいし、立ち振る舞いもとても上品に見えます。

普段街中を歩いていてガラスに自分の姿がうつったとき、「おいおい老けたなあ」なんて思った経験ありませんか?
背中が丸まっていたりすると余計老けて見えますよね。アンチエイジングを目指すためには良い姿勢というのを忘れてはいけません。
良い姿勢を作ってアンチエイジングをしていきましょう。

姿勢が悪くなると、体のバランスも悪くなるし血管やリンパ管も圧迫されてしまいます。そうなると当然血流が悪くなりむくみも出てくるようになってしまいます。
老化を防止するためには、血液やリンパなどの流れが円滑でなければいけません。
流れが円滑だと栄養が体内中にいきわたり、老廃物などを排泄することができるのです。

体が歪んでくると内臓の働きにも影響が出てしまいます。食生活やサプリなどに気をつけるのはもちろん、体の歪みを取る事からアンチエイジングを始めてみましょう!

まず、足を組んで座るなど、偏った姿勢を取る場合には必ず定期的に足を入れ替えるなどして反対方向にも同じ姿勢を取るように心掛けましょう。
しかし、体の歪みって自分ではなかなか分からないものです。一度専門家の方に見てもらい姿勢を正しにいった方がいいかもしれませんね。
また、意識する事もとても大切です。いつでもよい姿勢でいるように心掛け習慣付けていきましょう。

2008100340053_3.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

よい睡眠でアンチエイジング
「睡眠」は毎日する事ですよね。
睡眠はものすごく大切です。ぐっすり眠った後、目覚めがすっきりすると、その日一日ものすごくいい一日になるような気がしますよね。
これは精神的に実に気持ちがいいことですし、この精神的な安定もアンチエイジングには欠かせない事の一つです。
良い睡眠とは、優れたアンチエイジングなんです!

ぐっすり眠る、深い眠りに着く、落ち着いて眠るということは脳神経を回復させたり脳の機能を高めてくれます。
睡眠中には脳細胞が壊れる事を最小限に抑えたりもしてくれます。

睡眠と言うのは本当に大切な事で、アンチエイジングにとってもとても重要な事なのです。
あなたは良い睡眠をとっているでしょうか?

良い睡眠をとって、かつアンチエイジングに効果のある食べ物には次のものがあります。
・大豆
・ゴマ
・乳製品
・小魚
・海藻類
・青梗菜
・春菊
などなど

これらはイライラしている気持ちを抑えるための鎮静作用があります。
またカルシウムを摂取する事で眠りを助けてくれます。不眠などで困っている方はこれらの食べ物を摂取するといいでしょう。

次に、良い睡眠をとって、且つアンチエイジングに効果のある飲み物を挙げましょう。
・ホットミルク(豆乳でも可)
・タマネギの酢漬けドリンク
など

また、コーヒーなどのカフェインは良い眠りを妨げるものです。
このカフェインの作用が体内から消えるまで摂取してから3~4時間はかかると言いますから、夕方以降はなるべく摂取しないようにしましょう。
 
 
2008082225117_2.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

まくらでアンチエイジング
2008092240848_3.jpg
睡眠と言うのは人間の生命維持に関わる事柄であり、アンチエイジングの方法として最も重要なものです。
現代人の今の生活スタイルは、睡眠不足になってしまうケースが多いですよね。
アンチエイジングには睡眠が重要ということから考えると睡眠不足というのはアンチエイジングにとってかなり良くないという事になります。

ですのでアンチエイジングのために「睡眠」を取りましょう!という事なのですが、よい睡眠をとるためには、まず良い寝具が必要です。
その一つとして「まくら」を考えてみましょう。
睡眠と言うのは1日7時間くらい取るのが一番いいと言われています。
普通に考えれば人生の1/3近くは眠っていると言うことになりますよね。
それだけ睡眠と言うのは必要なもので、その中でもまくらは大切です。

よい睡眠をとるための快眠グッズとして、最近は色々なまくらが販売されています。

【低反発】自分の頚椎に合わせて選べます。優しく頚椎にフィットします。
【どんぐりビーズ】アレルギー体質の人におすすめです。
【磁気】体の血行を促す効果があります。
【そばがら】昔からあるまくらです。
【炭・ひのきチップ】マイナスイオンが発生するために、リラクゼーション効果が得られます。

上記のようにアンチエイジングの一つの方法として、また睡眠不足解消の方法としてまくらを変えてみませんか?


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

運動をしてアンチエイジング
アンチエイジングを考えているならば、毎日ちょっとずつでもいいので運動をするように心掛けてみましょう。
この心掛け一つで1年後のあなたの身体は必ず違ってくると思います。

運動をすると、体重の数字が減ることを期待する人が多いですが、数字が減らなくても身体が引き締まってくれば見た目は全然違ってきます。
この引き締まった身体こそがアンチエイジングです。
バランスよく引き締まった身体を作り上げるには毎日ちょっとでもいいので運動を続ける事が大切です、毎日何かを続けると引き締まった身体と同時にみなぎる自信も得ることが出来ます。

それでは一体、アンチエイジングに対する運動には何がいいのでしょう?
やっぱりウォーキングが一番単純で取り掛かりやすいじゃないですかね。
背筋をしっかり伸ばした状態でリズミカルに歩くことが大切です、また、大またで歩く事でお尻の筋肉が刺激されヒップアップされます。
二日に一回でも30分~1時間程続けたら1ヶ月で2キロ前後体重が減ると思います。
こういう毎日の積み重ねがアンチエイジングの肝なのです。

ウォーキングが大変だと言う方には、家の中で出来るものとしてスクワットがあります。
両足を肩幅に開いて、手を頭の後ろで組み、息を吐きながら腰を下げ、息を吸いながらもとの姿勢に戻ります。この動作をゆっくり行っていきましょう。
20回くらいから初めて50回位を目標にやってみるといいと思います。

2008092531720_1.jpg

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

にんにくを使ってアンチエイジング
にんにくはアンチエイジングに最適です!
にんにくのパワーと言うのは昔から知られていますが、最近ではにんにくに含まれている「アホエン」という成分が新たな注目を集めています。
そのアホエンには坑酸化作用があり、故にアンチエイジングに効くということです。

アホエンの効能には、「血液サラサラ効果→動脈硬化が予防できる」「活性酸素の抑制→ガン予防ができる」「記憶力のアップ→脳年齢が若返る」「美肌効果」と言うような効果が期待できます。
それでは、このアホエンを摂取するにはどうしたらいいでしょうか?
アホエンというのはにんにくを食べるだけでは摂取できません!オイルによって抽出し摂取するので、そのアホエンオイルというのを作る必要があります。

【アホエンオイルの作り方】
☆材料
 オリーブオイル:100cc
 にんにく    :2片

☆作り方
 ①.にんにくをみじん切りにする。
 ②.耐熱用の器にオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れる。
 ③.その器を湯煎にかける。
 ④.中のオイルの温度が大体80℃位になるまで火にかけ、止めます。
   (100℃以上にならないように注意しましょう、成分が壊れてしまいます。)
 ⑤.冷えるまで待ち、冷えたら保存容器などに移します。

1日小さじ1杯の摂取量で充分です。そのまま摂取してもいいですし、ドレッシングにしてもいいです。
大体1ヶ月ほど保存できます。


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。