最新記事



プロフィール

まりんブリッジ

Author:まりんブリッジ
FC2ブログへようこそ!



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



若いままでいたい!!   実践!アンチエイジング
生きるもの全ての敵である老化!なんとか食い止めたい、そして若いままでいたい。そんなみんなの望みであるアンチエイジングを様々な方向から解説していきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチエイジングと活性酸素
私達の寿命は何で決まるのでしょうか?目まぐるしい医学の進歩で遺伝子的な寿命は飛躍的に延ばせるようになりました。
ではもっと延ばす、そしてもっと健康的に延ばすにはどうすればいいのでしょうか?それは細胞レベルで健康を考えることが重要です。

私達は空気を吸うと体の中で必要な酸素を取り入れますが、取り入れきれなかった酸素は活性酸素となります。食べ物を食べたときでも体の中に取り込まれた栄養素は酸素で酸化しエネルギー源と活性酸素に分かれるのです。
活性酸素となった分子(分子は通常、対を成します。)は電子的に異常なため対になることが出来ません、そのため無理に安定を保とうと正常な分子から電子を奪おうとして細胞を壊してしまうのです。
そしてこの活性酸素は過剰になることによって病気や老化の原因になるのです。

活性酸素は過剰なストレス、紫外線、タバコ、電磁波そして過剰な運動などによっても多量に発生していきます。
過剰な運動もダメというのは驚きですよね、しかしすべての事においてよく言われることですが、何でも過剰というのは良くないことのようです。

この悪さをする活性酸素を消去させる作用を坑酸化作用といいます。
環境面で活性酸素を出来るだけ減らすにはストレスやタバコなど上記の事をなるべく減らすことです。食の面で体の中を酸化させないようにするには、坑酸化作用のある物を食べるとことです。
坑酸化作用のある食べ物は、ビタミンA、C、E、カテキン、ポリフェノール(赤ワイン・チョコレート)、リコピン(トマト)などを含んでいる食べ物になり、納豆、野菜や果物、お魚の油、ナッツ、ワイン、緑茶、ゴマなどに含まれます。
インスタントラーメン、スナック菓子など加工食品は逆に活性酸素を多く含む食品になります。

このようにあらゆる面で坑酸化に気をつけていくと動脈硬化にも、とても効果があります。
人は血管とともに老いると言われているぐらいです。悪玉コレステロールを減らし活性酸素を減らすことによって酸化コレステロールを減らし動脈硬化にならない血管へと向かうのです。
ほかに酸化ストレスと呼ばれる活性酸素は癌遺伝子や癌抑制遺伝子が変化を受けて発癌していきます。逆を言えば活性酸素を減らすことを心掛けることによって発癌予防になるということです。
適度な運動とバランスのいい食事、そしてストレスの無い環境に出来るだけ注意を払って健康に生きていきましょう。

2008121054124_2.jpg



スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/13 16:03】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://marinbrige.blog64.fc2.com/tb.php/20-b3ba298b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。